■(効果)❶超格安の決算申告❷超格安の経理体制

■(方法)紙なし100%「電子帳簿保存法」による。
 
■(処理手順)
➀自動読取▶国税庁が勧める「スキャナー」で領収書等の自動読取り。

➁自動経理▶クラウド会計ソフトでPDF領収書を附番して自動経理。

■(要件)
税務署長の事前承認を前提に税法に関しては
100%「紙なし」電子帳簿で良い。

電子帳簿にしたい日の4カ月前に電子帳簿保存申請書を税務署に提出する。
 
■(ツールと費用)
➀ クラウド会計ソフト(利用料は年1万~4万円余)
➁ スキャナー(市販2万円余)
➂ 税理士サービス(年2万8千円~年4万8千円)
 
■(効果)超格安で高性能な経理体制
➀ 経理入力の素人化(スキャナー利用)
➁ 試算表出力の自動化・随時化
➂ 超快速の決算申告(eTax)


◆だからお勧め!#電子帳簿保存法が2020年10月施行され経理帳簿付け作業は凡そ無くせる。◆#経営環境はビッグデータのRPAやAI合理化路線上で大波乗りサーファーが生残る2025年頃のサイエンス5ドット0ベクトルに御社はどう対応しますか?◆#新時代に戸惑う零細起業のサイエンス5点0への対応はまず経理から会計ソフトfreeeで自動的に電子帳簿保存法対応の途がコストレスで開きます。

❖電子帳簿がなぜ普及するか?
#電子帳簿保存の普及は便利で安いからと云う経営構造が変化するIT化時代の経済合理性による理由で誰に感謝することもなく只ただ安く只タダ便利な電子帳簿保存法を受け入れ会計事務所のDOGAMIも会計ソフトfreeeに乗った電子帳簿保存法の経費節減効果で生延びられるから宣伝する。

#経理の劇的な経費節減は主に人権費で自動経理の素人事務化が更に処理時間の劇的短縮化に向う方向にある。

❖新経理体制を達成する方法
経理体制のコストレス合理化は双方自動の➀と➁で達成できる
➀電子データ(領収書等はPDF保存)
➁電子ファイル(ソフト内で帳簿保存)

今すぐフリーダイヤルに電話を
0120-03-6066
窓口は山本努です。

◆法令の進化:
電子帳簿保存法が人気です
経理証拠書類の「電子・電磁」保存OK!

※経理証拠書類とは
領収書・請求書・契約書等のこと
※税務署長の承認制だよ

❖時代の流れ:
時代は「自動経理」で進化!
自動仕訳から自動帳簿保存へ!

◆経営効果:
経理負担(作業量)は一気に、従来の1/10に!
経理コストは、人件費の削減で、一気に従来の1/10に!

◆推奨:
freeeクラウド会計ソフトの
自動経理アプリ・自動電子帳簿保存アプリを使って、
経理コストを全体で従来の1/10にしましょう!

◆恩典:
弊社を通すと、freeeソフト代を、
『半額・無料』に調整返金します。
※値引き目的としては、弊社独自の集客増を狙っています。

警告:
経理のコスト感覚は、常識を逸していませんか?
記帳代行コストは「経理専門職」人件費!安くできません!
嫌な方は、「自動経理アプリ」で自計化下さい!
お互いに得意先・取引先を思いやる経営姿勢は重要です。
お互いのコスト削減になる行動になる経営感覚!
弊社も推奨しています!